凸凹道大好き!! … by tsubakikki  ヾ(;^^)ノ -☆ツG!゜°゜゜°

TOPシェルパでお出かけ ≫ お山へ偵察

お山へ偵察

自分の十八番でもある、ときがわ町のお山にある林道群。

先日の雪が降ってから暫く経ってはいますが、現在どのような状況になっているのか偵察に行ってみることにしました

まずは、「道の駅いちごの里よしみ」の農産物直売所へ立ち寄って新鮮野菜を物色してから、ときがわ町のお山へと向いました

RIMG9130.jpg



ときがわ町界隈のお山に来たら、大抵は1番最初に走ることの多い都幾山を巻いて走るダート林道 赤木慈光線へと偵察に入ってみました

舗装路からダートに変わった辺り。
な~んだ 先日降った雪も、もうすっかり解けて大丈夫じゃん

RIMG9131.jpg

と心を撫で下ろしたのもつかの間、奥へと進んで行くに連れて次第に雪道になってきました。

路肩のフカフカの雪上を走行して、取りあえずはこの辺まで辿り着いてみました

RIMG9133.jpg

残雪の量は大したことはないものの、半透明になっている部分は凍結
徒歩で先のほうまで様子見に行ってみましたが、ツルン、ツルンして立っていることもままならないほど


RIMG9136.jpg

凍結や圧雪されていない路肩の雪上を走行して行けば、この先へとドンドン進んでいくことは可能でしたが、途中で引き返さなければならない可能性があることを考えると…
戻りはずっと雪上の下り調子
あぁ、考えただけでも怖ろしい
ソロなので、何事か起こってしまった際にはマズイですからね、自粛してここで止めておきましたハイ

でも昔の自分だったらソロであろうがなんであろうが、先へ行ってみたいという一心とその勢いで躊躇することなく行っていましたね。
今ではある程度年齢も重ねて気持ちのブレーキもきくようになったというか、無謀なことはあまりしなくなりましたね
ただ単に、年を取っただけかな

RIMG9137.jpg

引き返して、今度は県道172号線で白石峠を目指して行ってみます
さすがに県道は除雪されていますが、所々路肩には雪が残っていました。

途中に分岐している舗装の林道橋倉線(県道172号線と林道大野峠線を繋ぐ)に触り程度に突入してみましたが、かなり解けていて残雪も少々でした。
距離こそ長くはないものの20年くらい前まではダートで、いい林道だったんですけどね。
入口の前を通過しても全線舗装になってからは、この林道へはほぼ入ることはなくなりました

RIMG9142.jpg

RIMG9140.jpg

堂平山天文台、高篠峠、定峰峠へと通ずる白石峠へと到着です。
雪は予想外に解けていて、ほとんどありませんでした。

RIMG9146.jpg

が、脇にある七重峠方面へと繋がっている林道には雪は解け始めているものの、まだ残雪がありますね。

RIMG9147.jpg

RIMG9148.jpg

こちらは奥武蔵グリーンラインの高篠峠方面。
高篠峠~大野峠を経由して、刈場坂峠辺りはまだまだ残雪も結構あるんだろうなと想像しつつ、行ってみたいと思う気持ちを抑えて、来た道と同じ県道172号線をときがわ町集落側へと下りました

RIMG9145.jpg


大野集落辺りは、陽当たりもよくて残雪の姿は全くありませんね。

RIMG9151.jpg

ここで暫し日向ぼっこをしながら、ちょっとだけおにぎりを食べて腹ごしらえ。

RIMG9157.jpg

向った先は麓にある天然氷リンクの町営「上サ スケート場」。
あまりの暖かい陽気でリンクの氷が解けてしまったのでか、「本日は滑走出来ません」との看板が出ていました。

RIMG9152.jpg

駐車場にフジTVの取材車が停まっていたので、スケートリンク場の方向を良く見てみると、カメラで取材中でした。
上の写真の左下片隅に取材カメラを担いだ人の姿がありました。

RIMG9153.jpg

その後は、ときがわ町の「木のむら物産館」と「ふれあいの里 たまがわ」で物産品を物色して家路に向いました。

RIMG9154.jpg

RIMG9158.jpg

ときがわ町は「木のまち」と歌っているだけあって、バスの停留所の看板はお洒落に木製で作られているんですよ~。
温もりのある木の質感が、何ともいいですね

RIMG9156.jpg

荒川河川敷で、今日の日没
往復140km程度の、ミニツーリングでした

RIMG9159.jpg

今回の購入品は、白菜の中玉2ケ。
左:ときがわ町「ふれあいの里 たまがわ」で買ったのに何故か嵐山町産。
右:「道の駅いちごの里よしみ」で買った吉見町産。

RIMG9165.jpg

ときがわ町「ふれあいの里 たまがわ」で、思わず衝動買いしてしまった木の温もりを感じるレーザー彫りの木製ストラップ
文句は多種ありましたが、あえてこれが気に入りました

RIMG9167.jpg


撮影カメラ:RICHO・CAPLIO-GX100






スポンサーサイト

Comment

編集
どうもです。一人で林道ツーリングなんて男のロマンですよねーv-218経験がある人が危険と感じて立ち入らないというのは大人の証拠ですよねーv-221自分も見習います
2010年02月10日(Wed) 22:40
編集

 5年くらい前にやはりときがわ(当時は村でした)から
 白石峠に登っていったことがあります
 ちょうどこの季節だったのですが
 当時は積雪があるなんて思いもよらず
 車重270kgのCB750で行っちゃったのでした
 コーナーを出たらいきなり路面真っ白で急停止!
 ホントしぬかと思いました(笑)
2010年02月10日(Wed) 22:59
編集
>マーさん
1人のんびり、林道ツーリングをするのもなかなか乙なものですv-218
でも1人の時は、余り深入りしないのが原則ですね~e-287
10数年前にとある場所で深入りしてしまって、そこから脱出するのに1時間ほども時間を費やしてしまった苦い思い出がありますからv-404
2010年02月10日(Wed) 23:01
編集
>mauさん
この奥武蔵グリーライン上(定峰峠~白石峠~高篠峠~大野峠~刈場坂峠~ブナ峠etc)って、そんなに標高が高いわけでもないのに意外と降雪が多いのには驚きですよね!
オフロードバイクであれば走行可能だと思いますが、CB750で積雪路は正直、生きた心地はしませんね(*_*;)
2010年02月10日(Wed) 23:17
編集
しばらく暖かかったんで、大丈夫かな?なんて思ってましたが
ダメそうですね・・・

先月行ったときは刈場坂峠より西側は雪と氷で通行不能
カーブ2つ抜けたトコで、迷わず撤収しました。。

グリーンラインは危険ですねv-40

ときがわからブナ峠に抜ける道は大丈夫でしたけど
2010年02月11日(Thu) 01:36
編集
>びぎなぁさん
降雪から、一週間くらいは経っていたので、行けるのではと思ってましたがまだまだダメでしたv-401

グリーンラインって、なかなか侮れないですよねe-287
標高はそんなに高くもないのに、意外と積雪があったりして。

もう15年ほど前になりますが、ソロでグリーンラインを西側から来て飯盛峠とブナ峠の間くらいだったでしょうか
、無理して雪とアイスバーンの上り坂を行ったのですが、途中で二進も三進も行かなくなり、大変な思いをしたことがありました。勾配のアイスバーンで、バイクは愚か人もまともに立っていられず、そこからはバイクを寝かせて滑り降りました。
深入りは、やはり禁物ですねv-404
2010年02月11日(Thu) 13:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30