凸凹道大好き♡!! … by tsubakikki  ヾ(;^^)ノ -☆ツG!゜°゜゜°

TOPシェルパでお出かけ ≫ 標高2360mの峠を目指して

標高2360mの峠を目指して

6/6日曜、午前4時起床

午前5時前に自宅を出発
RIMG10677_20100608221335.jpg


今日、山中で食べる昼食を地元24時間スーパーで軽く購入。
RIMG10679_20100609233113.jpg

吉見町なう
RIMG10680.jpg

R254バイパス、小川町の御用達のガソリンスタンドで給油
RIMG10681.jpg

国道140号線に合流
RIMG10682.jpg

秩父警察署前、TKさんとの待ち合わせ場所まであと少し。
RIMG10683.jpg

秩父市内のTKさんとの待ち合わせ場所のコンビニへ7:10過ぎに無事到着です。
RIMG10690.jpg

このコンビニの裏手の山景色もなかなかの風景。
RIMG10689.jpg

コンビニの前の国道を多くのオフロードのツーリング団体が、次々とダートを求めて奥秩父方面へと走り去っていきます。
そんな中の1人のオフローダーがコンビニ駐車場にいる自分に目掛けて、猛スピードで迫ってくるではありませんか
なんと・なんと奇遇なバイク仲間のいとまんさんでした
これからお世話になっているバイクショップ主催のツーリングで中津川林道を走って山梨へ行くようです。
でも自分によく気がついてくれました
いとまんさん曰く「シェルパとツバキッキさんスタイルはすぐにわかりました~」との事でした
林道ツーリング、大いに楽しんできて下さい
RIMG10692.jpg

8時過ぎに初顔合わせのTKさんと無事に合流
雁坂峠越えで、集合場所の山梨は道の駅まきおかに向います

ぐるりと円を描く大滝のループ橋を渡って
RIMG10694_20100610130420.jpg

雁坂の有料道路へと突入
RIMG10697_20100610130420.jpg

一般国道の山岳トンネルとしては日本最長(全長6,625m)の雁坂トンネルを抜けて山梨県三富村側へと到着して暫し休憩。
利用すると便利なのだが、毎回思うこと通行料金の560円はちとフトコロに痛い(><)
TKさんのジェベル号、通行料金が70円というのは実に羨ましい
RIMG10698_20100610130420.jpg

三富料金所休憩所にて。
右がTKさんのジェベル号。
RIMG10700.jpg

小休止後そのまま彩甲斐国道140号線を走って、集合場所の道の駅まきおかへと到着。
TKさんとバイク談義などに花を咲かせながら、横浜組の30さんとゲッター・洋さんを、到着を待ちます。
30分程して、無事に到着しました

右奥から30さん:ジェベル号、ゲッター・洋さん:GS800号、TKさん:ジェベル号、ツバキッキ:スーパーシェルパ号。
RIMG10702.jpg

午前11時過ぎ車で越えられる日本最高標高の大弛峠2360mを目指して出発です
舗装の杣口林道~川上牧丘林道を走り繋いで行きます。
RIMG10704.jpg

柳平にある琴平ダムのほとりにて。
RIMG10710_20100610173204.jpg

RIMG10705_20100610173204.jpg

RIMG10712.jpg

ここへ来ると直滑降のように走り下りる、いつも風景と共に気分のよい場所です
でもこの辺まで来ると自分のシェルパ号は標高が上がると共に持病の高山病の症状が出始めて、いつもの如く吹けが悪くなり困ったものです。全くこんなに山に弱いんじゃ、スーパーシェルパという名に恥じますね~
他の人のシェルパって、どうなのかな~気になるところですが…
RIMG10713_20100610173204.jpg

川上牧丘林道と鶏冠山西林道(西沢スカイライン)の分岐にて。
RIMG10714.jpg

大弛峠まで、あと10kmガンバルンバ~
RIMG10715.jpg

大弛峠まで、残すところあと1/3くらいかな?
19987698_5139190_105large.jpg

RIMG10716_20100610181505.jpg

午後12時半無事に大弛峠へと到着。
RIMG10727.jpg

RIMG10733.jpg

大弛峠は、登山客の車やツーリングのバイクでごった返して信じられないくらいの大盛況
2010_0606_124251.jpg

長野県側のダートにまで車が数珠繋ぎに溢れて駐車されています。
RIMG10729.jpg

大弛峠で合流する予定のナノレカワさんは、すでに到着されていて待っていてくれたようでした
今回初めてお会いするナノレカワさんですが、ご本人バイク共々格好良くてとてもいかしていました
男が男に惚れてどうするっー
2010_0606_135318_20100610231009.jpg

大弛峠に折角来たのだからと絶景を見るために30さん、ゲッター・洋さん、TKさん、ナノレカワさんの4人は登山道で所要時間徒歩15分の夢の庭園へ。
そのたかが徒歩15分だが、普段歩きなれない登山道の15分は心臓がバクバクになるほどキツイのだ~(><)
今回自分は理由があって、皆さんのバイクのお留守番をさせてもらうことに
いってらっしゃ~~い
RIMG10744.jpg

夢の庭園では、こんなに素晴しい景色が望めたそうです
上ってきたとぐろを巻いたような山梨県側・川上牧丘林道。
2010_0606_125808.jpg

手に取るように見える、山肌に刻まれた長野県側・ダートの川上牧丘林道。
2010_0606_125835.jpg

2010_0606_130113.jpg

絶景の夢の庭園での、皆さんの記念写真
19987698_5139175_132large.jpg

お留守番の間、自分は下でのんびりと散策して写真撮影
RIMG10732_20100611044825.jpg

RIMG10743_20100611044824.jpg

RIMG10738.jpg

RIMG10740.jpg

皆さんが夢の庭園から下山してきて、ベンチでおにぎりなど食べながらみんなでワイワイガヤガヤと語りながら昼食タイム
たわいのないものでも、こうやって大自然の中で食べる食事は本当においしいものですね

車で越えられる日本最高標高峠2360メートルにて、みんなで記念撮影
左側から私ツバキッキ、ゲッター・洋さん、30さん、TKさん、ナノレカワさん。
RIMG10724.jpg

ここで横浜組の30さん、ゲッター・洋さんは、上ってきた山梨県側舗装路の川上牧丘林道をそのまま下山して帰路に着くことに、埼玉組のTKさん、ナノレカワさん、自分の3人は長野県側ダートの川上牧丘林道を下って中津川林道経由で帰路へ着くことになりました。
横浜組の30さん、ゲッター・洋さんとは、あっという間のひと時でしたが、楽しい時間を過ごすことができました
今回の企画をしてくれた30さん、ありがとうございました
ゲッター・洋さん、次回はもう1台の愛車XTZ-125でダートを楽しみに行きましょう
XTZ-125なら軽量かつコンパクト、躊躇なくダート道へと踏み入れることができることでしょう

では、お気をつけて~
自分たちは長野県側ダートへ
2010_0606_135848.jpg

各々フリー走行でダートを麓まで下ります
ダートは9kmほどあったはずなのに、走りを楽しんでいたらあっという間に走りきってしまって写真を1枚も撮らずに終わってしまったぁ~、あう~何てザンネンなことをしてしまったんだオレは
RIMG10747_20100611133944.jpg

その後、秋山集落へと向かい
RIMG10748_20100611135617.jpg

RIMG10749_20100611135403.jpg

楽しみにしていた林道相木川上線へ行くも、何といつの間にやら金網ゲートが設置されてしまって足止めされて、走行出来ず残念な結果に
RIMG10752_20100611135403.jpg

やむなし中津川林道へ。
三国峠到着。
RIMG10754_20100611141636.jpg

三国峠より、埼玉県側の山々の眺望
RIMG10756_20100611141928.jpg

中津川林道ダート区間18km、各々フリー走行で行きます
RIMG10762.jpg

19987698_5139164_24large.jpg

RIMG10763.jpg

RIMG10764_20100611143635.jpg

中津川林道を走り終え、「ふれあいの森」の広場のところで今日はこれにて解散。
TKさん、ナノレカワさん大変お世話になりました、そしてお疲れ様でした
RIMG10765_20100611143635.jpg

中津川に沿って走る県道210号線、国道140号線の新緑の景色をゆっくりと楽しみながら帰路へ
RIMG10777_20100611151536.jpg

RIMG10780.jpg

途中、嵐山町のスーパーで買い物などを済ませて自宅到着は午後8時
今日の走行距離は345km。
新緑の候、美しい景色を存分に楽しみダート走行も堪能できて、朝からまるまる有意義な1日を過ごすことができました
RIMG10784.jpg




スポンサーサイト

Comment

お疲れ様でした
編集
ナノレカワ氏のマシン、MD30Bajaに懐かしの「パリ・ダカ」のタンクですね。
どうやってマウントしたのか、お会いして聞いてみたいです。
2010年06月11日(Fri) 18:55
編集
>腰抜けさん
XR Baja に、 XL250R パリ・ダカ('82) のタンクとフロントフェンダーを搭載してカスタム化されたまた1つとないナノレカワ氏の実物のマシンを見てその仕上がりの良さにうっとりとしてしまいました。同じBajaオーナーの腰抜けさんとしては、尚更のことではないでしょうか!
2010年06月11日(Fri) 19:32
お世話になりました。
編集
皆さんと逢う事が出来たのは、旧タイプの林道の標識を見つけた位の喜びです。 ← 判んねえだろうなv-236
埼玉の林道なら、ちょくちょく行けますね。よろしくお願いします。
2010年06月11日(Fri) 20:09
編集
>TKさん
先日は、お目にかかれてとても嬉しかったですv-290
甘味好きの自分は、直径30cm大のデコレーションケーキを独り占めして食べた位の喜びでしたv-426
埼玉県内に自分としてはまだ行ったことのない林道もたくさんあるようなので、今度一緒に探索できたらと思いますv-218
2010年06月11日(Fri) 20:25
編集
どうしてもナノレカワ氏のマシンに目が行ってしまいます。

82年当時、何とも不恰好なバイク?
と、そのカッコよさがわからなかった。
2010年06月12日(Sat) 18:45
編集
>まこちんさん
自分はまだ当時、250ccとかに乗る免許を持っていませんでしたが、大砂漠を走るパリ・ダカールラリーをTVで見て憧れ、そしてライダーが操る格好よいマシンたち
。そのパリ・ダカ仕様レプリカバージョンのオフロードバイクは、自分の憧れの的でした。
2010年06月13日(Sun) 13:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30