凸凹道大好き♡!! … by tsubakikki  ヾ(;^^)ノ -☆ツG!゜°゜゜°

TOPシェルパでお出かけ ≫ 群馬山中一人旅

群馬山中一人旅

雲ひとつない晴天

これは出掛けなきゃ勿体無い

さぁ~て、たまにはちょっとだけ遠出してみるかと考えてみる

とりあえず往復300km程度の近からず遠からずで候補は2つ!
どちらも数年ぶり。

茨城方面…加波山界隈の林道を走ってから、足を伸ばして大洗まで海を見に行く。
群馬方面…沼田市~利根村(現みどり市)界隈の林道。

くだくだしているうちに時刻は10:00を過ぎてしまったので、慌しく用意を済ませて10:30頃に自宅を出発

自宅を出て、無意識で走っているうちに何故だか吉見町付近まで来てしまったので(よく行くときがわ町へのルート)北鴻巣方向へと軌道修正

北鴻巣から国道17号・熊谷バイパス、深谷から上武国道で群馬県の旧新田町。

旧新田町から県道69号で一気に大間々町、大間町より国道122号で草木湖方面へと進路を取って道の駅「くろほねやまびこ」で休憩

RIMG6287.jpg

道の駅と言えば、お決まりのソフトクリーム!
バニラソフトクリームを食しました。
ミルク感が濃くてとても美味しかった~

RIMG6285.jpg

道の駅「くろほねやまびこ」から、国道122号を程なく進んで県道62号で沼田市方面へ
4km程行ったところで、県道70号にて利平茶屋森林公園キャンプ場方面へ。

県道62号にて↓

RIMG6289.jpg

今日最初のダート、ここへ来ても毎回パスしている林道広仁田支線へと入ってみるも、あっという間に突き進んで終点

RIMG6290.jpg
RIMG6294.jpg
RIMG6292.jpg

左手に森林の中へ「笠間」と記されていてダートが延びている。
入りませんでしたが、方向的には林道梨木楡沢線に繋がっているのではないかと目測

RIMG6293.jpg

元の道へと復帰して、林道梨木楡沢線へ

RIMG6297.jpg

以前に来たときよりも、ゲートまでの区間は路面がかなり荒れ荒れでした
でも直線路が気持ちよいです。

RIMG6298.jpg

そしてゲート前へ。
ここはほとんど閉まっていることが多いです。

RIMG6300.jpg

がっ、こんな感じなのでね~!
(反対側の花見ヶ原の方も同じ感じ)
今回は、謹んで入りませんでした。
(自分も大人になったなぁと!)

RIMG6302.jpg

ゲートまでの往復するだけでも結構楽しめるダートなので満足
戻りながら、林道梨木楡沢線の眺めのよいところで簡単な昼食をすることに

RIMG6304.jpg

今日軽食で、おにぎり2つ

RIMG6305.jpg

県道62号へと戻り、沼田市方面へ

RIMG6308.jpg

旧利根村(現沼田市)県道62号沿いにある高泉林道(ダート8km)を行きます。
距離的になかなか走り応えがあります!

RIMG6309.jpg
RIMG6311.jpg
RIMG6312.jpg

高泉林道を無事に抜けて県道62号に復帰、県道267号で薗原湖畔をかすめて国道120号へ。

RIMG6314.jpg

旧利根村の追貝から入って栗原川林道方面へ

栗原川林道への入口で。
この先からは、すぐに未舗装となって連続ダート約40kmの始まりです。

RIMG6316.jpg

栗原川林道のゲート前へと到着です。
今では関東一のロングダート、いつ来ても胸が高まりますね!

RIMG6317.jpg

栗原川林道で1番開放感があるところのストレートダート
毎回来るたびに、ここで写真を撮ってしまいます

RIMG6323.jpg
RIMG6327.jpg

そして栗原川林道の名所にもなっている素掘のトンネルの前でお決まりの1枚

RIMG6331.jpg

皇海山(すかいさん)の登山口にもなっていることもあって旧利根村追貝側からの車の通行も多々あるために、今までになかった簡易舗装が所々にされてしまったようです。

RIMG6332.jpg
RIMG6334.jpg

この辺は、標高1300mくらいでしょうか、見渡す限り山・山・山とても山深く感じます!

RIMG6337.jpg
RIMG6338.jpg

人の背丈以上の高さのススキの穂、あぁ~秋なんだな~って!

RIMG6343.jpg

カーブミラー越しにパチリ

RIMG6344.jpg

この支線林道、以前に来たときにはゲートは開放されていたので開いていたら是非と思っていましたが、今回は残念ながら閉まっていました

RIMG6345.jpg

皇海山登山道口のところへと到着。
ここまで来るのも結構長い!

RIMG6347.jpg
RIMG6353.jpg
RIMG6348.jpg

先へと進んで、栗原川林道開設碑のある広場にて小休止

RIMG6355.jpg
RIMG6357.jpg
RIMG6358.jpg

この広場から望む山々。

RIMG6362.jpg

ひたすら長~い長~いダートを下っていき

RIMG6365_20090913224605.jpg

新地林道との分岐地点へと到着。

RIMG6372.jpg
RIMG6375.jpg

この時点で時刻は午後5:15と時間も押していて日没時間まであと僅か、根利集落へと下ってしまうのが無難な選択。
しかし久しぶりに来たのだからと、山中で日没をむかえるのを覚悟で新地林道へと進むことに

RIMG6377_20090913235501.jpg

新地林道のダートを約7km走って、分岐の袈裟丸支線(ダート約3km)に入ってみると以前に訪れたときよりも路面は荒れ荒れ状態、雰囲気も以前と変わってしまった感じ。

RIMG6380.jpg
RIMG6382.jpg

そして奥地へ行けば行くほど路面は悪化。
最奥地は福島県の3悪林道の1つの黒森林道にも引けを取らないようなガレ場!
以前に探索に来たときよりも酷さがレベルアップしているみたい
(沢が渡っている場所は大きな高低さがなくなっていた)

ソロなので深入りは禁物。
ここからは徒歩で探索

RIMG6395.jpg

こんな感じのガレが数100m区間続きます。

RIMG6385.jpg

以前に比べて、沢の高低さがなくなってフラットに。
ガレ場の終端。

RIMG6387.jpg

来た方向を振り返る。

RIMG6389.jpg

そしてガレ場の終わった先には林道が交差しているのですが、前に来たときからの謎
さて何処から繋がっているんだろう、気になるなぁ

RIMG6391.jpg
RIMG6392.jpg

ガレ場を歩いて、シェルパのところまで戻ります

RIMG6393.jpg

袈裟丸支線から新地林道へと復帰。
以前に小中新地林道側に抜けようと思って行ったらゲートが閉まっていた経験が
腹をくくって進んでみる、陽の落ちた薄暗いダート道で幾度も鹿の群れと遭遇しつつ、ゲートのことを気にしながら到着するとゲートは開いていました。
あぁ~本当にヨカッタ!(開いていなかったら10km位は後戻り)。
ここで完全に日没

RIMG6400.jpg

相変わらず砂利深い小中新地林道のダート
ハンドルを右にと左にと取られながら進みます。
苦手だなぁ~

RIMG6403.jpg

苦手な深砂利道部分が終わって、切通しを通過。

RIMG6404.jpg

切通しを過ぎると、ダートが沢と化していました

RIMG6406.jpg

小中新地林道も随分と舗装化されてしまったんだなぁと思いながら、どっぷりと日の暮れた真っ暗闇の中を走り抜けます
午後6:30

RIMG6408.jpg

大滝のあるところから国道122号へと抜けようと思ったら、看板が出ていて工事中で全面通行止めらしい。

ここから抜けられれば近いのに、結局は迂回路で真っ暗闇の山中の中、長~い長~い小中西山林道(完全舗装)で草木湖の足尾町側まで行かされて時間もかなり費やして、やっと国道122号へ。

草木湖畔のドライブインで暫し小休止をして自宅へ着いたのは午後10時を回っていました。

今日の走行距離は321km
久しぶりのソロで緊張感もありましたが、ロングダートを存分に堪能した1日でした

撮影カメラ:RICHO・CAPLIO-GX100


スポンサーサイト

Comment

補足・解説
編集
梨木楡沢線のゲートは、大きな声じゃ言えませんが手で押せば開きます。

袈裟丸支線の終点交差部はどちらも崩落と山の中の細道化でバイク的には進行不能じゃ無かったかなぁ。
2009年09月14日(Mon) 07:18
編集
>腰抜けさん
梨木楡沢線のゲート、鎖も鍵も掛かっていなかったので、ゲート棒を持ち上げながら引っ張ってみましたが、ビクともしませんでしたv-388(力不足?)
袈裟丸支線の終点交差部は進行不能でしたか!
色々と熟知されていて、流石は腰抜けさんのお庭も同然ですねe-454
2009年09月14日(Mon) 12:38
編集
最近、林道に行く時間がないので
ツ-リングマップルを眺めながら
バ-チャル林道してます(アホ)
 
その妄想に栗原川林道のロングさは
大変魅力で一度は走りたい所なので
記事UPしてくれたおかげで
よりリアルな妄想に耽れますv-291
 
現実的に寒くなる前に行ってみたいです~
2009年09月15日(Tue) 23:51
編集
>サウスさん
栗原川林道へはソロ・マス合わせて5回ほど走りに行っていますが、果てしなく長いダートです!
今では関東一のロングダート、魅力たっぷりな場所ですねv-391
2009年09月16日(Wed) 00:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31