凸凹道大好き!! … by tsubakikki  ヾ(;^^)ノ -☆ツG!゜°゜゜°

TOP未分類 ≫ 愛用のKURUTOGA♪

愛用のKURUTOGA♪

買ってから長年、ずっと愛用している 「KURUTOGA」♪



「KURUTOGA」とは三菱鉛筆製のシャープペンシルで、自動芯回転機構「クルトガエンジン搭載」により 芯が自動にクルっと回ってトガり続けてくれるので文字が太らずに細かい文字も書きやすいんです!!


こちらはもう何年も使い続けているクルトガ スタンダードモデル 0.5mmのブルー。
本体価格\450 + 消費税
P7047975.jpg


今回はクルトガの ハイグレードモデルを購入しました。
本体価格\1,000 + 消費税
スタンダードモデルは本体がプラスチック製ですが、ハイグレードモデルは重厚な口金採用で低重心設計により安定した筆記感を実現、従来にない新しい感触のアルミウェーブグリップ採用、上質感と強度をあわせもったメタルクリップ採用、質感豊かな塗装ボディが採用されています。
P7047977.jpg


スタンダードモデル(写真上)と ハイグレードモデル(写真下)の外観比較。
スタンダードモデルは少し太めでプラスチック製のため軽量、ハイグレードモデルは細身ですがアルミやメタルを採用されていて程よいずっしり感です。
P7047987.jpg


今までは一般の替芯を使っていましたが、今回初めてクルトガシャープ用替芯を購入してみました。
本体価格\200 + 消費税
IMG_5602_2015070416412186e.jpg

独自の芯回転機能により、芯が回ってトガり続けるシャープ「クルトガ」で使うと、トガりやすくなめらかに書ける芯です。
芯の外側がやわらかいため、芯がトガりやすくなめらかに書くことができるようです。

<クルトガ替芯の構造>
従来の芯は外側が硬く、内側がやわらかい構造になっていました。それに対してクルトガ替芯は独自の新製法により、芯の内側が硬く、外側がやわらかい構造を作り出していて。その為に内側は削れにくく、外側は削れやすいので、トガりやすく、しかもなめらかに書くことができるとのことです。


このクルトガを1度使ったら、他のシャープペンシルにもう戻れません。

これからも、ずっと愛用していきたいと思います♪


スポンサーサイト

Comment

編集
自分、職場用と自宅用の2本持っていますよ。学生の頃、美術部だったせいか、未だに大して使いもしないのに筆記具に凝ってしまいます…
2015年07月05日(Sun) 16:27
No title
編集
>キーバックさん
いつもコメントありがとうございます♪

キーバックさんも、クルトガを愛用されているんですね!
このクルトガ使ってみると、便利ですよね。
ちょっと良い物を使うのって愛着も湧きますし、僕は良いことだと思います。
2015年07月05日(Sun) 17:27
No title
編集
先日、TVのカンブリア宮殿でもリニューアルした伊東屋をやっていましたが、
文具好きの方の知識とかマニアっぷりは凄いですね。
私も30数年前は文具系のところもかじっていましたが、
当時とはくらべものにならないですね。
クルトガとかフリクションとか、技術の進歩はすごいです。
今は鉛筆とかほとんどもっていないです。
2015年07月06日(Mon) 09:46
No title
編集
>メカ好きおじさんさん
いつもコメントありがとうございます♪

世の中に文具マニアの人っているんですね。
クルトガ、芯が勝手に尖がってくれるなんて、凄い技術ですよね。
これを開発した人って凄いなぁと思います。
2015年07月06日(Mon) 19:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30