凸凹道大好き!! … by tsubakikki  ヾ(;^^)ノ -☆ツG!゜°゜゜°

TOPお茶 ≫ 常滑焼 朱泥急須

常滑焼 朱泥急須

これから寒い季節になると、熱いお茶がおいしくなりますね(*^▽^*)



以前から欲しいと思っていた常滑焼の少し高級な急須。


憧れの常滑焼朱泥高級急須、常滑焼作家 岩瀬弘二の15号朱泥平丸急須を購入しました。
PA168537.jpg


PA168541.jpg


彫りや絵柄の余計な飾りのない土味のテクスチャーがかえって、この急須の良さを主張しているように感じます。
土台、蓋ともに全くガタがなく手作りで精巧に作り上げられた朱泥急須、とても軽くて絹の柔らかな手触りです。
急須サイズ:縦136×横167×高さ87ミリ
本体重量:225g
容量:270ml
PA168550.jpg


PA178557.jpg


茶漉しは精密陶製の茶こし。
古く昔からある伝統的な常滑焼急須の茶こしで、職人が“ぼうず”と“ポンス”という独特の道具を使って丁寧に作っています。
PA178562.jpg


常滑焼作家:岩瀬弘二
PA168551.jpg



【常滑焼 急須の特徴】
 お茶がおいしくなる、常滑焼急須
 常滑焼急須の原料となる陶土の特徴は、酸化鉄を多く含んでいること。
その結果、焼成されて赤く発色しますが、
外観だけでなく、お茶の味わいにもよい効果をあらわします。

お茶を淹れたとき、酸化鉄とお茶のタンニンが反応して、苦味渋味がほどよくとれて、
まろやかな味わいになるという特徴があります。
釉をかけず、焼しめられたなめらかな陶器は、余分な成分を吸着してお茶の味をよくしてくれる
特性があります。
陶器の材質を生かした常滑の急須は、つかいこむほどお茶の味わいもよくなり、
手入れをして使いこむと光沢がまし、愛着の道具として育てることができます。


軽くて手によく馴染み、軽くてとても使い勝手がよい急須、この朱泥急須は諭吉さん1枚ほどのお値段でしたが本当に買って良かったと思いました。
大事に長く使っていきたいです。


撮影カメラ…オリンパスE3+ズイコーデジタル35mm F3.5 MACRO、ズイコーデジタル ED9-18mm F4.0-5.6
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
今日は。
良い物を手に入れましたね。
家の実家にも年代物の同じようなものが有ります。

使い込むほどに、良い色合いと艶が出てくるんですね。
良い物を持つと何となく、気分も落ち着きますね。

次は、お茶の葉にも、一こだわりでしょうか。?
2015年10月17日(Sat) 17:12
No title
編集
>小鉄のパパ さん
いつもコメントありがとうございます♪

最初は予算5千円位で良いかなと思っていましたが、折角買うのだからと無いお金を捻出して思い切って予算1万円と頑張りました。

良いものを持つと気分も何となく落ち着くと同時に大切に使おうと言う気にもなりますね。

お茶の葉は上を見ると切りがなく高いですよね。
100g2千円とかのを飲んでみたいですが、こちらの方はかなりの予算オーバーのようです。
2015年10月17日(Sat) 19:19
お茶が美味しくなるなんて。
編集
いいですね。陶器は一期一会なので気に入ったら即買いです。物を大事にする人はかなり持ちますから。
お茶は100g1000円で十分美味しいですよ。
2015年10月17日(Sat) 20:56
Re:お茶が美味しくなるなんて。
編集
>のぼさん
いつもコメントありがとうございます♪

そうですよね! 一生に一度の出会いであるかも知れないので、気に入ったらその時に買わないと後悔することもありますもんね。

お茶はいつもスーパーでパッケージされたものしか買ったことがありませんが、今度お茶店で買ってみようかな。

2015年10月17日(Sat) 21:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30