凸凹道大好き♡!! … by tsubakikki  ヾ(;^^)ノ -☆ツG!゜°゜゜°

TOPこだわりの趣味 ≫ 照屋窯の たたら皿

照屋窯の たたら皿

沖縄の中北部、恩納村に工房を持ち個人窯の大きな登り窯で焼く、沖縄やちむんの現役の名工、照屋佳信(てるやかしん)さん。



佳信さんはお弟子さんがいないので、全行程を1人で切り盛りしているので、年に1度くらいしか窯が開かず、昨今の人気からも年々手に入り難くなっています。

そんな中、秋田県秋田市の和洋雑貨アンティークショップ「こっころ」さんで、佳信さんのやちむんを取り扱っているのをネットショッピングで見つけて、大好きな三彩点打ちのデザインの欲しいお皿があったので購入しました。

厚みがありずっしりと重みがあって焼成の際のゆがみや土や釉薬の付着なども他の窯に比べて多い器ですが、古い沖縄の雰囲気を持つ佳信さんの器は素敵です。


今回、秋田県秋田市の和洋雑貨アンティークショップ「こっころ」さんで購入した照屋窯。照屋佳信さんの たたら皿(大サイズ)。
少しクリームがかった地に三彩点打ちのデザインが施されていて、佳信さんらしい温かみと優しさが感じられる雰囲気に仕上がっています。
ちょっと値が張りましたが、大満足の器です(*^^)v

たたら皿のたたらとは、ろくろを使わず土を薄くのばしてそこから成形して作る技法で、均等な形になるろくろ成形とは違い、手で象られた歪みなどが手作りの良さを引き立てています。
サイズ:幅30.2×奥行19×高さ3.2cm
重さ:1025g
PB191471.jpg


PB191474.jpg


PB191475.jpg


PB191479.jpg


今回もやちむんを使う前に、いつものように目止め処理。
別に目止めをしなくても使えるのですが、目止めをすると器の表面の目を埋めて、水漏れを防ぐのと同時に汚れを染みにくくすることができて長く愛用できるのです。

米のとぎ汁が無かったので、小麦粉を代用。
皿が大きくて入る鍋がないので、プラステック容器にお湯で小麦粉を溶いた中に2時間ほど漬け置きして目止め処理完了。
IMG_2022.jpg


PB191482_20161119064723a11.jpg

安心して、佳信さんの素敵な たたら皿を長く愛用していけます。

これで佳信さんの大好きな三彩点打ち柄のたたら皿、マカイ、マグカップが揃いました(*´▽`*)
ますます楽しく充実した食生活を送れそうです♪
PB191490.jpg



撮影カメラ…オリンパスE3+ズイコーデジタル14-54mm F2.8-3.5
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31